節税できる裏ワザ

安く会社設立して、さらに節税できる裏ワザって?

自分で起業して、一国一城の主になりたいと考えることはありませんか。長くその仕事での経験があり、実績だってあるのに、それがきちんと評価されていない。個人で委託・請負の形で働いているけれど、下請け的な軽い扱いをされている。そのような不満を感じている方は、思い切って会社設立を決断してみてはいかがでしょうか。実績がありスキルのある方でしたら、持っている実力に値した仕事を得られるチャンスになります。

委託・請負のSOHOの形で働いている方でしたら、会社設立をすればきちんとした取引先としての扱いになり、人によっては税金面を抑えることも可能です。会社設立には多額の費用がかかるので、現状は無理と諦めてしまいがちですが、実は裏ワザを使えば100万以内で会社設立できます。

一般的に会社を作るには有限会社では300万円以上の資本金、株式会社でしたら1000万円以上の資本金が最低限で必要となります。

こんな大金、普通でしたら簡単には用意できません。資本金を1円からではじめられる方法もありますが、その「中小企業挑戦支援法」、「新事業創出促進法」は問題点が多いので、後々のことを考えれば利用しない方が良いです。

安く会社設立するには、「休眠会社」を買い取ってしまいましょう。登記だけされていて、現在は企業としての活動をしていない会社を「休眠会社」と言います。有限会社の休眠会社なら30万円台から、株式会社の休眠会社なら40万円台からの買取ができ、登記費用など含めても100万円程度で自分の会社が持てます。

以上の裏ワザを使えば、大金をかけずに会社設立を目指せますので、起業したい方は検討してみて下さい。

休眠会社を利用しての会社設立の相談にのってくれる専門業者が複数ありますので、そちらに相談されるとスムーズでしょう。さらにその手の専門業者から、節税の裏ワザをアドバイスしてもらえる場合もありますので、とてもおすすめです。

会社を作りましたら、税理士を雇うことになりますが、税理士が必ずしも税金を安く抑える手助けをしてくれるとは限りません。専門業者でしたら、税金を安く抑えるノウハウも豊富ですし、ノウハウを授かっておいて損はないです。

ただでさえ税金は年々上がってきていますので、対策が取れるなら経営者として行っておくべきです。経費から役員報酬まで、節税できる所はたくさんあるもの。しっかりと対策すれば、かなりの額が抑えられます。


 
Copyright© 2014 会社設立をするうえで考えるべき資本金について学びましょう All Rights Reserved.