専門家に任せる

短期間で会社設立をするなら専門家に任せる

起業をしたいと思っても、すぐに会社設立できるわけではありません。

会社設立するまでには、商号や本店所在地などの基本的な事柄を決め、定款を決めて認証を受け、資本金を払い込み法務局に登記申請をする必要があります。

起業をしたいと思ったときにすぐに始められるわけではないので、計画的に会社設立をしましょう。

会社設立の期間は、一般的には2週間ほど必要になります。

一つひとつの流れで必要な期間を見ていくと、まず発起人を決めて会社の基本的な事柄を決めるまで、3日ほど必要です。

定款を作成した公証役場に持ち込み認証を受けるためには、1週間ほど必要になります。

さらに出資金を銀行に払い込み完了したことを確認するまでは、2日から3日ほど必要です。

最後の法務局への登記申請も、3日から5日は必要になるでしょう。

ここで紹介した一つひとつにかかる期間は、あくまでも目安です。

並行しておこなえる流れを同時進行するともっと短時間で会社設立できますし、途中で不備があり思うように進まなければ、さらに時間は必要になります。

また、公証役場や法務局は役所ですから、土日祝日は申請を受け付けていません。土日祝日を挟むとそれだけ完了するまでの日数が延びてしまいますし、それぞれの繁忙期でも延びることになります。

場合によっては、会社設立に動き出してから実際に事業を開始できるまで、1ヶ月近くかかってしまうこともあるほどです。ですから、会社設立は余裕を持って動き出すようにしましょう。

時間的に余裕がない状態で始めてしまうと、事業にも影響を及ぼすことがあります。

急いで会社設立をしたい場合には、専門家のサポートを受けるのも良いでしょう。

専門家なら手際良く進めてくれるので、途中で不備が見つかり流れが止まることはありません。最短で会社設立をするためには、最も良い方法です。

ただし専門家でも、すべて完了するまでの期間は異なります。また、公証役場や法務局と同様に、専門家も繁忙期には普段よりも期間が必要になります。

サポートを受ける前には、どれぐらいで会社設立できるか確認をしてから、依頼をするようにしてください。

このように、起業をしたいと思っても実際に事業を始めるまでには、ある程度の時間が必要になります。
慌てて会社を作ろうとしても時間がかかるだけですから、まずは設立までの計画をしっかりと立て、それから専門家のサポートを受けると最短で事業を開始できます。


 
Copyright© 2014 会社設立をするうえで考えるべき資本金について学びましょう All Rights Reserved.