会社設立時の資本金0円化

会社設立時の資本金0円化がもたらしたものとは

2006年の商法改正によって有限会社が廃止されると共に、それに伴って最低資本金制度も廃止されることになったために、会社設立のためのハードルは一挙に低いものになったと言えます。

このために、株式会社を設立する場合にも、資本金0円で会社設立ができることになったために、有限会社が廃止されたこともあって、小規模企業であるために、従来ならば有限会社として会社設立されていたような場合であっても、株式会社として設立されるようになりました。

また、資本金0円で株式会社が設立できるようになったことから、個人事業者の法人成りといったものも増えてきており、長年、個人事業として事業を行ってきた人が、会社設立して株式会社にする、といった傾向が進んでいます。

このように、従来の有限会社が廃止されると共に、最低資本金制度も撤廃されて、資本金0円でも株式会社を設立することができるようになった背景には、会社設立時の出資金の壁を低くすることで、会社設立を容易なものにして、事業活動を促進させるという経済振興政策が執られたためでしょう。

もちろん、事業というものの成否は会社を設立してからが勝負なのですが、それ以前に、出資金という壁が立ちはだかっているために、そもそも会社を設立すること自体が困難といった状態では、それもままならないわけですから、そうした障壁をなくすことで事業の立ち上げを支援する、といった意味合いがあったことは間違いないものと思われます。

これは特に、小規模な事業を行おうとしている者にとっての配慮と言えるもので、資金力が乏しく、また、金融機関からまとまった額の融資を受けられる条件を欠いていることで、事業の立ち上げそのものが困難となっていた者に対する支援策、と捉えることができるでしょう。

資金力のある大手事業者とは異なって、小規模事業者であるような場合には、その事業の立ち上げに際して、まとまった額の出資金を用意するというのは、非常な困難を伴うものであるために、出資金なしでも会社を設立することができる、というように制度が改正されたことは、非常に大きな意味を持っているのです。

こうして、会社設立時の出資金が不要となれば、その分を事業開始時の運転資金に回すことができるために、事業の立ち上げ時という、最初の峠を乗り越えて行くための足掛かりを得られることで、その後の展開がずっと楽になって行くということにもなるわけです。


 
Copyright© 2014 会社設立をするうえで考えるべき資本金について学びましょう All Rights Reserved.