資本金について

会社設立の際の資本金について

みなさんは何か将来の夢などは持っていらっしゃいますでしょうか。どんなことでも構いませんが、その夢の中には会社の社長になるという思いを持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

一国一城の主になるというのは住宅を購入した時です。社長になるということはそれをさらに超えた名誉を得ることができると考えている方は少なくありません。

また、今お勤めの会社に不満がある方にとっても、自分のやり方で自分なりに会社を経営してみたいと考えている方がいるかもしれません。それらの方々にとって、会社設立ということは大きな一大決心が必要な出来事なのです。

その会社設立にあたっては、昔はたくさんのお金が必要でした。有限会社、これは今の制度では新しく会社設立をすることができなくなってしまいましたが、この場合には資本金として最低300万円、株式会社になると、最低で1,000万円の資本金を準備して会社設立を行う必要があったのです。

しかし、近年の制度改正により、現在では資本金1円から会社設立を行うことができるようになっています。つまり、それだけ皆さんの持っている夢を実現させる機会が増えたということなのです。

しかしながら、会社を経営するということは無一文、裸一貫でできることではありません。特に、設立当初は設備投資や初期の運転資金、人員確保のために必要な資金など、さまざまな方面にたくさんの資金が必要になるのです。

ですから、全くの資産がない状態で会社を設立することは現実的には不可能です。一般的に言われるのは、設備投資などの支出を終えたうえで、3か月分の運転資金が手元に残っていればあるていど安心して事業を始めることができるといわれています。ですから、資金が足りない場合には銀行などに融資を申し込み、当面の運転資金を確保する必要があるのです。

もちろん返済は必要ですが、事業が実際に軌道に乗るまでの間はやはり銀行からの借り入れに頼らざるを得ないでしょう。もし安定して利益を生み出すことができ、手元に入ってくる資金も問題ない金額になったのであれば、返済して無借金経営を行うことも可能です。その際には、また新たな大きな設備投資を行う際に借り入れることとして、ひとまず全額返済してしまいましょう。

会社設立は簡単にできるものではありません。資本金が少なくてよいというのは会社設立を行いやすくなったことに間違いありませんが、それでも十分将来を見通したうえで行いましょう。


 
Copyright© 2014 会社設立をするうえで考えるべき資本金について学びましょう All Rights Reserved.